ITギョーカイどうよ?

IT業界における、特にエンジニアのキャリア・人材不足などについて多角的に説明します!

人材不足である理由

IT企業に関わらず、人手不足や人材不足は何処の企業でも悩みの種である。就職難の世の中なのに、企業からして見れば会社のニーズに答えられる人材がいないと嘆いているのが現実である。特にIT企業では単に「人手」が欲しいのではなく、優秀な「人材」を求めているのだ。

そう言う会社に限って理不尽な残業ばかりをさせるブラックだったりする事が多いと思うのだが、わたしの偏見だろうか。そもそも優秀な人材は理不尽な会社体制で働くよりも、さっさと独立してフリーランスとして活躍する事を選んだ方がよっぽど楽しいだろう。IT企業を批判するつもりは無いが、IT企業がブラックだと嘆いている人は大勢いる。人の入れ替わりが激しい事も人材不足の原因になっているのだ。根本的な問題を解決しなければ優秀な人材なんて得られないのだ。

そして日本は、成功して市場で普及し始めたものだけにしか注目しない国である。特に欧米で普及し、成功した物ばかりしか価値を見出さない傾向があるらしい。それから人材育成に励もうとする事自体が遅いと言う。先見の目を養う事も必要とされると言う事だろうか。日本は元々物作りの国なのだから、優秀なエンジニアはたくさんいるのに勿体無いと思う。そんな風に考えるときっと今の日本のIT業界は世界に追いついて行くだけで精一杯なのだろうと感じる。
そんな技術者としての意見を、フリーエンジニアというプロの視点からシステムの仕事について書いたサイトが有る。日本がこれからどうしていくべきなのか、考えてみるのはどうだろうか。

これからの日本が早く時代に追いついて、優秀な人材で埋まる企業がたくさん出来たら良いと思う。


Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*